20代前半からの不妊治療記録

24歳で多嚢胞性卵巣症候群と診断され、不妊治療を開始しました。



BT9 体外受精にステップアップして初の判定日

今日はBT9。
体外受精(と顕微授精)にステップアップ後、初めての判定日でした。

午前中にクリニックへ行ってきたので結果を書きたいと思います。

判定結果

クリニックに着いてすぐ採血室へ。
今日になっても初期症状らしきものは一切ありません。
血液検査の結果を待つあいだ、陰性だろうという諦めの気持ちがぐるぐるしていました。

1時間ほど経ったところで、ついに診察室への呼び出しが。
診察室へ入ると先生が1枚の紙を手にしています。

そして、その紙を机に置きながら『これが検査結果です。妊娠してますよ、おめでとうございます。』と一言。

HCGホルモン:282.3mIU/ml

判定結果はなんと陽性。

今までタイミング法を10回前後・人工授精を5回したのに1度も妊娠したことがなかったので、にわかには信じられませんでした。
今日は妊娠4週にあたるそうです。(4w0d)

『まだまだこれからですがおめでとうございます。来週の水曜か木曜、胎嚢確認に来てください。その次の週が心拍確認になります。』
という先生の言葉でやっと、妊娠してるという実感が湧いてきました。

この陽性反応がスタートラインに過ぎないのは重々承知ですが、それでも着床可能とわかっただけで嬉しいです。
ようやく一歩前進することができました。

注射と薬

診察後、流産防止にHCG注射(HCG5000単位×2管)を打ってもらい、ホルモン補充の為の薬も追加で14日分処方されました。
※ジュリナ(朝晩3錠ずつ)・ルトラール(朝晩2錠ずつ)・ワンクリノン膣用ゲル(1日1回)
会計:27,524円

---
次の予約は来週の水曜です。
どうか元気に育ちますように!


スポンサーリンク

スポンサーリンク
 


>>HOMEへ