20代前半からの不妊治療記録

24歳で多嚢胞性卵巣症候群と診断され、不妊治療を開始しました。



6w6d 初めての心音確認と分娩予約【エコー画像あり】

f:id:meiko20s:20171101223814j:plain


6週終わりの今日、初めて産婦人科を受診しました。(ほぼ7週目)
分娩第一希望のクリニックです。

自分が産婦人科にかかる日が来るなんて…と無駄にドキドキしましたが、看護師さんも先生も感じの良い方たちでした!

産婦人科での初診

予約時間の15分ほど前に着き、委任状と問診票を提出。
その後、体重・血圧測定と採尿をしました。
待合室に居たのは3,4人かな。空いてる時間帯だったみたいです。

しばらくして順番が来ました。
担当は院長先生。口コミで見た通りとても気さくな感じの方。

さっそく赤ちゃんの様子を確認するのですが、なんと初の腹部エコー。
不妊治療に慣れすぎて経膣エコーだと思い込んでた…7週目ってもう経腹なんですね。
それとも病院によるのかな?
脱ぎやすいようスカート+厚手のタイツで行った意味はなく、ペロンとお腹を出しました。

そして1週間ぶりに姿を確認。

f:id:meiko20s:20171114232347j:plain

胎芽の大きさは8.9mm
約9mmと順調に成長してるみたいです。良かった!

GAっていうのは目安の週数かな。
CRLから算出した予定日は2018年7月2日でしたが『前の病院で言われてる7月4日のままでいいね。』とのことでした。

心音確認

そして、今回は自分の目でも心拍確認することができました。
前回は小さくてよくわからなかったんですよね。

f:id:meiko20s:20171114232302j:plain
しかも心音まで聞かせてもらえました!
ドックンドックンしてて、本当にお腹の中で生きてるんだなぁと感動。

エコー写真に載ってる心拍数は142bpmとなってました。
検索したらこの時期の平均値くらいで一安心。

その後、先生が『なにか聞いておきたいことはありますか?』と2回も訊いてくれたのに、何も思い浮かばず…。
そうしたら先生の方から『重いものを持っても、立ちっぱなしでも、自転車に乗っても、コーヒーを飲んでも大丈夫ですよ。』と言ってくれました。

確かに自転車に乗っていいかは知りたかった!
口コミで読んでわかっていましたが、ここの先生は結構なんでもOKなスタンスみたいです。
心配性な私としては、先生にハッキリ"大丈夫"と言ってもらえたことですごく安心できました。

次回の診察と分娩予約

次の妊婦健診は2週間後。
そこで経過確認が出来たら、母子手帳をもらいに行けるみたいです。
今日のお会計は自費診療で5,000円でした。

そして、お会計後に分娩予約。
ここのクリニックは、分娩予約金(2万円)を支払った時点で予約完了となるそうです。
※流産してしまった場合は返金あり、転院の場合は返金なしとのこと。
クレカ払いもOKだったのでカードで支払い、無事に予約完了!

クリニックのパンフレットを受け取り、初の妊婦検診は終わりました。
2週間後、元気に成長してるといいな。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
 


>>HOMEへ